ハロウィンってなに?

ジャックオーランタン元々はケルト人の民族行事である収穫感謝祭が起源とされており、いつしかその風習が他の民族にも広がったものです。

 

古代ケルト人の新年のはじまりは11月1日で、その前夜の日没から新しい年を迎える祭りを行ったのが発祥とされています。

 

11月1日は「諸聖人の日」「万聖節」と呼ばれ、10月31日その前夜祭を、All Hallows eve、ハローズイヴが訛って、いつしかハロウィンと呼ばれるようになったのです。1年の終わりの日である10月31日には「死者の霊」「精霊」「魔女」などがが現われると信じられており、その魔除けのために仮面を被ったり焚き木を焚いたりとしていました。

 

ハロウィンはなんで仮装するの?

01-02
ハロウィンでカボチャのランタンやジャックオーランタンにロウソクを灯したり、「魔女」や「お化け」、「怪物」などに仮装するのはその儀式の名残となっています。

 

Halloweenではこの仮装には力を入れる人もとても多く、大人が本気の仮装をしている光景をよく見かけると思います。

 

有名人のものまねのような仮装から、バンパイア・ゾンビ・フランケンシュタインなどの悪魔やお化け、映画やアニメのキャラクター、中には動物や食べ物のコスプレなんかをする人もいるようです。

 

特に女性だと、これらをモチーフにセクシーな衣装を着ている場合もあります。個性的なコスプレは見ているだけで楽しい上、完成度が高いと見入ってしまう場合も。

 

自分で新しいコスプレを考えるのも楽しいかもしれませんね。

 

ハロウィン衣装が気軽に手に入る時代に

元々はそれぞれが思い思いの手作り衣装を着て楽しんでいましたが、インターネットの普及とともにネット回線さえ繋がっていれば世界中どこにいても自分の好きな衣装を買えるようになりました。

 

スーパーや百貨店などにも9月に入るとハロウィンコーナーができ、ショッピングモールなどでもハロウィングッズの専門店もできるほど大きなイベントとなっています。

衣装もとても数多くの種類が充実しており、どのコスプレを着るか決めずに買いに行けば迷いすぎるほどの品数ですよね。

 

100円ショップなんかにもレジ前には専用のコーナーができ、お菓子作りや衣装に使える小物まで気軽に手に入るようにもなりました。

 

ハロウィンをもっとよく知るために

当サイトでは色々な人に、その人が家でやっているハロウィンイベントについて教えてもらいました。

自宅で家族だけで楽しんでいる方や、友人・知人たちと集まってパーティーを開く人、各地で行われているイベントに参加する人など、人それぞれとても多くの楽しみ方があります。

 

「皆、どうやっているんだろう?」と気になる方も多いと思いますので、「我が家のハロウィン」というコーナーを作りましたのでそちらをご覧になり、今年のHalloweenの楽しみ方を考えてみてはいかがでしょうか?

 

ハロウィンをもっとよく知るにはこちらをクリック!