ハロウィンの豆知識

カボチャと黒猫

ハロウィンとは、秋の収穫を祝うイベントとして行われたのが事の発端です。ハロウィンと言えば10月31日ですが、その日は生死の境目がなくなるとされ、あの世から来たお化けがこの世にやってきて、悪さをすると信じられていました。

悪さをされないようにするため、悪霊になりすまし、本当の悪霊を寄せ付けないようにするために仮装がされたそうです。

海外の一部でキリスト教の所は、キリスト由来のものではないためハロウィンはしないようにと禁止されるところもあるようです。一部では死のカルトだと批判されることもあるようです。

 

trick or treat! お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!

トリックオアトリート

かぼちゃ(ジャック・オー・ランタンと呼ばれるもの)はハロウィンの代表的なものですが、わざと醜いようなカボチャにしたり、グロテスクにするのは悪霊を怖がらせて、家に近寄らせないという考え方から、そのようなランタンを作ることがあるそうです。

色々な家に行って「trick or treat(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」と言って、お菓子を貰うのは後にできた子供用のイベントとされており、本来の目的ではないそうです。